ondiary-kenkohoken

ONDIARY

導入事例

日本精工健康保険組合様
特定保健指導完了率を大幅に向上!

他の健康保険組合の皆様も当組合と同様の課題を抱えていると思います。近年はICTが発達してきており、従来では困難であったことが出来る時代です。このオンダイアリーの利用は課題解決の新しいアプローチだと思います。一方でシステムだけでは特定保健指導は成立しません。従来の食事だけではなく、運動面での指導もできる管理栄養士の方がいるジ・アイさんはシステムと人材、ノウハウと3つの必須要素を兼ね備えている点がおすすめですね。

日本精工株式会社 健康保険組合  菅田晴之氏